MENU
TEL

Blog記事一覧 > 四十肩・五十肩,肩の痛み > 四十肩・五十肩になってしまったら

四十肩・五十肩になってしまったら

2018.10.13 | Category: 四十肩・五十肩,肩の痛み

皆さんこんにちは☆彡

大野城市のいで整骨院・整体院です(^^)/

 

季節はすっかり秋になり、

気温も20度前後となってきましたね。

この時期は、気温の変化により、体調を崩す方が多いので

体調管理には十分注意されてください。

 

さて本日は「四十肩・五十肩」についてお話をさせて頂きます。

中高年者の方が、肩の痛みでもっとも多いのが「四十肩・五十肩」ですが、

医学的には「肩関節周囲炎」という病気になります。

一般的には発症する年齢が違うだけで、どちらも同じ病気になります。

「服を着替える時や、髪を洗う時に肩が痛くて、腕があがらない」

「突然、肩が痛みだし、夜中もズキズキして眠れない事がある」

など、このような症状が現れた時は、「四十肩・五十肩」を発症している

可能性があります。

 

 

・症状が治るまで、どれくらいの期間がかかるのか?

四十肩・五十肩の病期は症状の推移から三期に分けられ、一般的に発症から約2週間の急性期、

その後、約6ヵ月間の慢性期を経て回復期に至ります。

急性期では運動制限を引き起こす運動時痛に加えて安静時痛や夜間痛が出現し、徐々に関節拘縮が

現れて、肩の可動域が制限されます。また突然片側の肩周辺に指先まで痺れるような激しい痛みが

数日間から数週間続きます。

その後慢性期に入ると、徐々に痛みが軽減し、日常生活でも患肢をかばう必要がなくなりますが、

可動域制限は残存します。痛みは、鋭い痛みから鈍い痛みに変わっていきます。

回復期になると、可動域制限がまだ残りますが、痛みが少ないために大きな機能障害の自覚はなくなり

徐々に可動域が自然回復していきます。

しかし、痛みが繰り返し起こる場合や、60歳を超えてから四十肩・五十肩の症状が出る場合で、

腕が震えるほど痛みがひどい時は、違う病気の場合があります。

気になり始めたら、早めに病院へ行く事をお勧めします。

 

 

・なぜ四十肩・五十肩になってしまうのか?

正直な所、はっきりとした原因は解明されていませんが、

加齢に伴い、肩の筋肉や、腱、靭帯、関節、肩周辺の組織などが

炎症を起こす事が要因と考えられています。

また、これらの要因に加えて、生活習慣や、ストレス、ホルモンバランスの変化などの

要因が重なる事も発症のきっかけになると言われています。

 

 

・四十肩・五十肩を起こしやすい人はどんな人?

四十肩・五十肩は40代以降の人に発症しやすく、男女関係なく発症します。

また、右と左と発症率についても違いはなく、利き腕だからと利き腕に発症しやすい

という事もありません。

ただし、若い時に、野球などのスポーツで肩を使いすぎたり、肩をケガしたり、痛めたりした事が

ある人は発症しやすい傾向にあります。

また、普段より猫背で姿勢が悪い方も要注意です。姿勢が悪い事で、重心が前のめりになり

体の歪みが生じやすくなります。また、肩が前に入ることで肩に負担が掛かることで、

四十肩・五十肩のリスクが高まります。姿勢の歪みはそれ以外にも様々な症状の要因にも

なりますので、普段から姿勢には気をつけたいですね。

その他にも、生活習慣の乱れ、睡眠不足、偏食、過度なストレスによる血行不良なども

四十肩・五十肩のリスクを高めますので、生活習慣の見直しが大事になってきます。

こちらも、姿勢の歪みと一緒で、様々な症状を引き起こす原因となりますので、

姿勢の歪み、生活習慣を改善していく事は大事ですね(^^)/

 

・四十肩・五十肩になってしまった時の対処法

<急性期>

突然激しい痛みに襲われてしまった場合、まずは安静にしましょう。

無理に動かしたりするとかえって逆効果になります。

運動をしていて、そのまま続けたり、仕事中で重い荷物を持ったりなどは避けましょう。

痛みがひどい場合は、市販の鎮痛剤などで痛みを和らげるのも一つの方法です。

痛みを我慢しないようにしましょう。

また、四十肩・五十肩ではないか?と思っていても実は違う病気の可能性もありますので

もし、激しい痛みに襲われた際は、早めに整形外科などでレントゲンやMRIなどを撮ることを

おすすめします。

 

<慢性期>

発症から数週間経ち、痛みが引いてきたら、日常生活レベルで出来る範囲で動かしましょう。

また、整骨院や整体などを受診し、早期回復とリハビリを行う事をお勧めします。

当院でも状態に合わして、施術を行い、体の歪みを改善し、回復力を高める手技を使います。

その他にも自宅で出来るトレーニングや生活習慣で気をつける事などをお伝えします。

また発症しないように、根本からの施術を行っています。

炎症が下がれば、お風呂などにじっくり浸かり、身体を温める事をお勧めします。

これからの時期寒くなりますので冷やしてしまうと、痛みが強くなったり、

動かしにくくなりますので、温めることが大事になってきます。

トレーニング等も行うようにしましょう。

 

 

・四十肩・五十肩の予防法は?

皆さん四十肩・五十肩は突然痛みが来たと思われる方が多いかと思いますが、

実は、長年かけて様々な負担が掛かり、症状が出ている事がほとんどです。

ですので、日頃より、ストレッチや運動、また良い生活習慣を送ることで

発症率は大きく変わります。

ですので、出来る範囲でストレッチや運動、生活習慣を改善することが

大切になります。

「痛くないから大丈夫」

「若いから大丈夫」

と思っているあなた。要注意です!

四十肩・五十肩は20代、30代の方でも発症します。

特に現代社会ではパソコンやスマートフォンの普及により

猫背になりやすく、長時間行う事で固まってしまいます。

ですので、こまめに状態を伸ばしたり、休み時間には

ストレッチをするようにしましょう!

出来る範囲で毎日続けることを目標に体の不調が出ないようにしていきましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

本日は「四十肩・五十肩」についてお伝えしました。

皆さんも、生活習慣には気をつけ、普段の習慣の中に

ストレッチや運動を取り入れてみて下さい(^^)/

またこれからの時期、寒くなりますので、体調にはお気を付けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

いで整骨院

所在地〒816-0931 福岡県大野城市筒井2丁目13-13 アゼリア2
駐車場有り
電話番号092-574-5511
休診日木曜、祝祭日
院長井手 和広

駅からのアクセス