MENU
TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 自律神経の冷え症の症状について

自律神経の冷え症の症状について

2018.07.18 | Category: 未分類

皆さんこんにちは☆彡

大野城市のいで整骨院・整体院です(^^)/

 

毎日猛暑が続きますが、皆さん、夏バテなど体調は崩されていませんか?

博多の山笠も終わり、これから本格的に真夏になっていきますね。

先日16日の海の日に、家族で海水浴に行ってきました。

海はとても気持ちが良かったですよ~!(^^)!

もうクラゲが出ているところもあるそうなので、行かれるかたはご注意を( ˘ω˘ )

 

さた、今回のテーマは「冷え症」です。

 

「冷え」も自律神経失調症の症状のひとつと言っていいです。

多くの人は、冷え症はだだの「冷え」だと思っています。

しかし、血管の拡張や収縮など、血液の流れに関係するものは、自律神経が調節しています。

そのため、自律神経失調症の方は、冷え症になりやすいし、冷え症の人は自律神経失調症になりやすいです。

 

対策は、もちろん、体を冷やさないことです。

冷え症の方は、自分で熱が生めない状態になっています。

体が弱くなるからといって、体を温めない方がいますが、これは止めた方がいいです。

まずは、体を温めて、自分で熱が生めるようになったら、少しずつ慣らしていくのがいいです。

特に、手足・おなか・背中はよく温めてくださいね。

 

ついつい冷房をかけすぎてしまいますが、ほどほどにしましょう(^_-)-☆

 

 

 

当院へのアクセス情報

いで整骨院

所在地〒816-0931 福岡県大野城市筒井2丁目13-13 アゼリア2
駐車場有り
電話番号092-574-5511
休診日木曜、祝祭日
院長井手 和広

駅からのアクセス