MENU
TEL

マスク

2015.03.30 | Category: 未分類

皆さんこんにちは☆彡

大野城市のいで整骨院・整体院です(^^)/

貴方はマスクはどのような時に使いますか?

 

日本のマスクの歴史は、大正時代にさかのぼり、当時のマスクは金鋼と布でつくられた工業用のもので、

予防品として使われるようになったのは1919年のインフルエンザの流行がきっかけといわれているそうです。

 

現在のマスクの種類としては、

「家庭用マスク」 「医療用マスク」 「産業用マスク」 があり、

「家庭用マスク」の形状には、

「平型マスク」 ・・・ 長方形のガーゼに耳ひもがついた一般的なガーゼマスク

「プリーツ型マスク」 ・・・ ガーゼの部分を広げることができる柔軟性が高いマスク

「立体型マスク」 ・・・ 口の部分全体を覆い、隙間なくフィットさせるマスク

の3種類があります。

 

各会社、いろんなカタチ・機能のマスクを発売されていますが、珍しいマスク2種類ご紹介します。

①「ダチョウ抗体マスク」 

 ダチョウ抗体を浸透させたフィルターを使用したマスク。

 ダチョウ抗体はインフルエンザウイルスと瞬時に結合するため、感染リスクを下げることができるそうです。

②「ノーズマスクピット」

 口を覆うのではなく、鼻の穴に挿入して使うタイプのマスク。

 水洗いすることで10回使用できるそうです。

 装着しても目立ちにくいのでスッキリ使えるそうです。

2つとも実物を見たことも使用したこともありませんが、是非販売を継続してほしいですね(*´∀`*)

 

違和感なく使用しているマスクですが、日本はマスク大国で海外の方からみると異様な光景のようです。

(使い捨て)マスクの性能もいいということで、中国人が大量買いするそうです。

アジア圏以外に旅行行かれる方、予防のために付けていても(病気で)心配せれることが

ありますので、各国のマスクのマナーを調べてみてはいかがでしょうか。

 

当院へのアクセス情報

いで整骨院

所在地〒816-0931 福岡県大野城市筒井2丁目13-13 アゼリア2
駐車場有り
電話番号092-574-5511
休診日木曜、祝祭日
院長井手 和広

駅からのアクセス