TEL

竹影階を掃って塵動ぜず | 大野城市・春日市 いで整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 竹影階を掃って塵動ぜず

竹影階を掃って塵動ぜず

2014.04.29 | Category: 未分類

皆さんこんにちは☆彡

当院です(^^)/

 

竹影階を掃って塵動ぜず(ちくえいかいをはらってちりどうぜず)禅語

意味は「階段の上に、風に揺れる竹の影が映って、まるで竹箒で掃き掃除をしているように見えるけれど、あくまで影でしかないのだから、階段の上の塵は動きはしません」  「塵」という言葉は、自分自身の心を意味します。

つまり、「今、自分の心を動でかしているものは、実体のない影でしかありません。だから、怖がることはないのです。冷静な心を保って対処してください」と教えているのです。

新しいことにチャレンジするとき、リスクについて考えておかなければならないのは確かです。しかし、確証もない恐怖にとらわれ、挑戦するのに二の足を踏むのは、壁に映った影に怯えるようなもの。正しい対策をとれば、回避できるのです。夢をあきらめて後悔しないか?自分に問いかければ、間違うことはありません。

そうですよね。影に怯えなかった人だけが、チャンスを手にするんですね~(^O^)/

皆さんの夢はなんですか~(*^_^*)